【2021年最新版】薬剤師におすすめする転職サイト比較ランキング!

違う職場に転職したいと思っていても、転職活動がスムーズに進むか不安で行動を起こせずに悩んでいませんか?

実は同じように悩む人は非常に多く、ほとんどの人は現状に不満を抱えながらも我慢して働き続けてしまいます。

不満はやがてストレスとなり、心身ともに不調をきたしてしまう原因になる。

また動き始めるのが遅いせいで良い求人ほかの人に取られてしまい、あなたの希望を叶えることができなくなってしまいます。

薬剤師が転職を成功させるには転職サイトに登録することが近道です。

この記事では、薬剤師が転職サイトを使うべき3つの理由と薬剤師におすすめする転職サイトを紹介します。

最後までお読み頂ければ、転職活動に対する不安が軽減されるはずです。

薬剤師が転職サイトを使うべき3つの理由

薬剤師が転職サイトを使うべき理由は次の3つ。ポイントを押さえて転職を成功させましょう。

  • 転職の成功率が上がるから
  • 希望に合った求人が見つかるから
  • 転職のサポートを受けることができるから

転職の成功率が上がるから

転職サイトを使うことで転職の成功率が上がることが期待できます。特に薬剤師の転職に特化した転職サイトを活用することがポイントです。

一般的な転職サイトの場合は薬剤師以外の職種の求人が多く存在するため、薬剤師の求人を見つけることが難しくなる。

仮に薬剤師の求人が見つかったとしてもあなたの希望にマッチするかどうかわからないのです。

薬剤師に特化した転職サイトを使うことで、幅広い選択肢の中からあなたの条件に合った求人を見つけることができます。

希望に合った求人が見つかるから

薬剤師に特化した転職サイトを使うことであなたの希望を叶えやすくなります

特に求人数が多い転職サイトを使うことがポイント。あなたの条件にマッチした求人が見つかる可能性が高くなります。

現在の職場に対してさまざまな不満があるはずです。

  • 年収が低い
  • 仕事内容が合わない
  • 人間関係にストレスを感じる

薬剤師に特化した転職サイトを使い新たな職場を見つけることが、あなたが抱えている不満を解消することにつながります。

転職サポートを受けることができるから

エージェント型の転職サイトを使うことで転職サポートを受けることができます

具体的なサポート例は次の通り。

  • 応募書類添削
  • 面接対策
  • 面接日程調整
  • 年収交渉

働きながら転職活動を行っている場合、すべての準備を1人で行うには時間がいくらあっても足りません

特に面接日程の調整や年収交渉など企業と直接やり取りをするには相当な労力がかかる。

転職エージェントは1人でやりづらいこともサポートしてくれるので、転職活動をスムーズに進めることができるのです。

薬剤師におすすめの転職サイト比較ランキング!

薬剤師におすすめの転職サイトをランキング形式で比較します。

転職サイトを選ぶポイントは「大手企業が運営していること」「求人数の豊富さ」の2つです。

大手企業が運営している薬剤師転職サイトは、転職支援実績が豊富であるため安心して利用することができます。

また求人数が多い転職サイトを使うことで、あなたの希望にマッチした求人と出会うことができる確率が高くなるはずです。

サービス名 運営企業 公開求人数 特徴
マイナビ薬剤師 株式会社マイナビ 約63,000件 利用者満足度No.1
薬キャリ エムスリー株式会社 約20,000件 全体の80%以上の非公開求人保有
ファルマスタッフ 株式会社メディカルリソース 約62,000件 薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1
リクナビ薬剤師 株式会社 リクルートメディカルキャリア 約35,000件 薬剤師転職サイト認知度No.1
ファーマキャリア エニーキャリア株式会社 約44,000件 希望にマッチしやすいオーダーメイド求人
ヤクジョブ クラシス株式会社 約100,000件 業界最大級の求人数
アプロ・ドットコム 株式会社アプロ・ドットコム 約33,000件 派遣・単発求人多数
お仕事ラボ 株式会社AXIS 約23,000件 転職後の定着率が高い
※求人数は2021年5月時点

第1位:マイナビ薬剤師

運営企業 株式会社マイナビ
公開求人数 約63,000件(2021年5月)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)
公式サイト https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師は、20代や30代の若手を中心に利用者が多い株式会社マイナビが運営している転職サイトです。求人数は約63,000件と非常に豊富。

エージェント型の転職サイトで、薬剤師専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職活動をサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーと直接会って話をするだけでなくWebや電話面談にも対応。働きながら転職活動をしている人にとって時間の融通を利かせやすい転職サイトといえます。

薬剤師転職サイトの中でも利用者満足度が高く、「はじめての転職で登録した転職サイトNo.1」の実績を誇るのも特徴の1つ。

さらに経験者向け、U・Iターン希望者向け、企業で働きたい薬剤師向けなどさまざまなカテゴリーで求人特集が組まれているためあなたの希望に合った求人が見つけやすい仕様です

転職の選択肢を広げるために登録しておきたい転職サイトといえます。

第2位:薬キャリ

運営企業 エムスリーキャリア株式会社
公開求人数 約20,000件(2021年5月)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)
公式サイト https://pcareer.m3.com/

薬キャリは、医師や薬剤師に特化したキャリアサービスを手がけるエムスリーキャリアが運営している転職サイト。医療業界に特化しているため薬剤師転職のためのノウハウは必見です。

求人数は約20,000件と少なめですが、勤務地や雇用形態、業種などさまざまな条件を設定して求人を探すことができます

全国の提携コンサルタント企業の薬剤師求人を一括で探すことができるのも特徴の1つです。

薬キャリはエージェント型の薬キャリエージェントも人気です。薬剤師登録者数No.1を誇るサービスで、専門性の高いキャリアアドバイザーが親身に相談を受けてくれます。

薬剤師転職を成功させるなら必ず登録しておきたい転職サイトです。

第3位:ファルマスタッフ

運営企業 株式会社メディカルリソース
公開求人数 約62,000件(2021年5月)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)
公式サイト https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは、調剤薬局が母体となった人材派遣サービスとして2000年に誕生した株式会社メディカルリソースが運営している転職サイトです。求人数は約62,000件と豊富に保有しています。

株式会社メディカルリソースのグループ企業に日本調剤株式会社があることから調剤薬局の求人数は業界最大級

調剤薬局への転職を目指すなら必ず登録しましょう。

さらに転職支援実績は20年以上におよぶため、薬剤師転職のためのノウハウを吸収することができるはずです。

第4位:リクナビ薬剤師

運営企業 株式会社 リクルートメディカルキャリア
公開求人数 約35,000件(2021年5月)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)
公式サイト https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師は、就職や転職に特化した株式会社リクルートメディカルキャリアが運営している転職サイトです。約35,000件の求人数を誇ります。

リクルート全体の規模が大きいため独自の転職ノウハウが豊富です。薬剤師専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートし、最短3日で転職が実現することできる強みを持ちます。

リクナビ薬剤師は高収入求人を多く保有しているため、キャリアアップを目指すなら登録しておきましょう。

さらにドラッグストアの求人が多い点もリクナビ薬剤師の特徴の1つです。

第5位:ファーマキャリア

運営企業 エニーキャリア株式会社
公開求人数 約44,000件(2021年5月)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)
公式サイト https://pharmacareer.jp/

ファーマキャリアは、薬剤師や看護師など医療従事者向けの求人に特化した人材紹介を手がけるエニーキャリア株式会社が運営している転職サイトです。

丁寧なヒアリングを重ねた「オーダーメイド求人」として約44,000件の求人からあなたの希望にマッチした求人を提案してくれます。

ファーマキャリアでは1人のキャリアアドバイザーが担当する薬剤師の人数に制限を設けています

1人の応募者に対して時間をかけて相談に乗ってくれるのが大きな特徴。

質の高い求人を見つけたい人は登録必須の転職サイトといえます。

目的・職場別おすすめ薬剤師転職サイト

薬剤師転職の目的や職場別におすすめの転職サイトを紹介します。あなたが希望する転職にあわせて活用する転職サイトを選びましょう。

タップすると読みたい場所にスキップすることができます。

調剤薬局におすすめの薬剤師転職サイト

調剤薬局におすすめの薬剤師転職サイトは次の3つ。

サービス名 調剤薬局求人数
ファルマスタッフ 約49,000件
マイナビ薬剤師 約37,000件
薬キャリ 約15,000件

ファルマスタッフは日本調剤株式会社の関連企業が運営している転職サイトです。調剤薬局へ転職を目指すなら必ず登録しましょう。

ファルマスタッフとあわせて大手のマイナビ薬剤師と薬剤師転職に欠かせない薬キャリを併用することがポイントです。

ドラッグストアにおすすめの薬剤師転職サイト

ドラッグストアにおすすめの薬剤師転職サイトは次の3つ。

サービス名 ドラッグストア求人数
マイナビ薬剤師 約17,000件
リクナビ薬剤師 約11,000件
薬キャリ 約2,200件

ドラッグストアの求人数が多いマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師がおすすめです。

さらに薬剤師転職に評判がいい薬キャリを併用することで、あなたの希望に合った求人が見つかりやすくなります。

病院におすすめの薬剤師転職サイト

病院におすすめの薬剤師転職サイトは次の3つ。

サービス名 病院求人数
ファーマキャリア 約4,500件
薬キャリ 約2,000件
マイナビ薬剤師 約3,100件

病院へ転職を目指すなら病院の求人数が多いファーマキャリアの登録は必須です。

さらに薬剤師転職に欠かせない薬キャリと転職支援実績が豊富なマイナビ薬剤師を併用することで転職先の選択肢が広がります

企業(製薬会社など)におすすめの薬剤師転職サイト

企業(製薬会社など)におすすめの薬剤師転職サイトは次の3つ。

サービス名 企業求人数
マイナビ薬剤師 約5,700件
薬キャリ 約240件
ファルマスタッフ 約240件

製薬会社などの企業へ転職を目指すなら求人数が多いマイナビ薬剤師の登録は必須です。

薬剤師転職サポートに優れている薬キャリと20年以上の転職支援実績を誇るファルマスタッフを併用することが転職成功の鍵といえます。

派遣・パートにおすすめの薬剤師転職サイト

派遣・パートにおすすめの薬剤師転職サイトは次の3つ。

サービス名 派遣・パート求人数
マイナビ薬剤師 約31,000件
ファルマスタッフ 約27,000件
アプロ・ドットコム 約15,000件

派遣・パートの求人を探すなら求人数が豊富なマイナビ薬剤師とファルマスタッフがおすすめです。

アプロ・ドットコムは単発の求人数も多いほか高時給求人も期待できます。

アプロ・ドットコム

運営企業 株式会社アプロ・ドットコム
公開求人数 約33,000件(2021年5月)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)
公式サイト https://www.apuro.com/

アプロ・ドットコムは、医療分野の職業紹介に特化した株式会社アプロ・ドットコムが運営している転職サイトです。

自分で求人を探すほか、エージェント型の転職サイトとしても機能しているためキャリアアドバイザーから求人を紹介してもらうこともできます。

履歴書や職務経歴書の書き方など、薬剤師転職を成功させるためのノウハウが分かりやすくまとめられているので有効活用しましょう。

転職エージェントに相談できる薬剤師転職サイト

転職エージェントに相談できる薬剤師転職サイトは次の3つ。

サービス名 公開求人数
マイナビ薬剤師 約63,000件
薬キャリ 約20,000件
リクナビ薬剤師 約35,000件

転職エージェントに相談するなら大手転職サイトを活用しましょう。

転職支援実績が豊富で丁寧にアドバイスしてくれるキャリアアドバイザーが揃っています。

薬剤師専任のキャリアアドバイザーに相談することで転職が成功すること間違いありません。

子育てママにおすすめの薬剤師転職サイト

子育てママにおすすめの薬剤師転職サイトは次の3つ。

サービス名 公開求人数
マイナビ薬剤師 約63,000件
薬キャリ 約20,000件
ファルマスタッフ 約62,000件

上記3つの転職サイトはいずれも子育てママが働きやすい条件をつけて求人を検索することができます。

主な検索条件は次の通り。

  • マイナビ薬剤師:産休・育休取得実績有り
  • 薬キャリ:ママ薬剤師にお薦め
  • ファルマスタッフ:ヘルプ体制充実、託児所あり

上記のような検索条件で絞って求人を探すことで、子育てしながらでも薬剤師として働きやすい職場を見つけることができます。

キャリアチェンジにおすすめの転職サイト

キャリアチェンジにおすすめの転職サイトは次の3つ。

サービス名 公開求人数
リクナビ薬剤師 約35,000件
薬キャリ 約20,000件
ファルマスタッフ 約62,000件

キャリアチェンジするなら高収入求人が多いリクナビ薬剤師の登録は必須です。

あわせて年収600万円求人を保有している薬キャリとファルマスタッフも併用すると、キャリアチェンジに加え年収アップも期待できます。

失敗しない薬剤師転職サイトの選び方

薬剤師転職サイトを選ぶときに意識したいポイントは次の3つ。ポイント押さえて転職を成功させましょう。

  • 求人数が多い転職サイトを選ぶ
  • 大手企業が運営している転職サイトを選ぶ
  • 評判がいい転職サイトを選ぶ

求人数が多い転職サイトを選ぶ

薬剤師転職は求人数が多い転職サイトを選びましょう。求人数が多ければ多いほど転職先の選択肢が広がります。

薬剤師の転職サイトをおすすめするWebサイトのほとんどが、求人の質やキャリアアドバイザーの丁寧さを指標にしているのが特徴です。

しかし求人の質の良さやキャリアアドバイザーの丁寧さは個人によってとらえ方が違います

ほかの人にとっておすすめの転職サイトでもあなにたとっては合わないかもしれない。

だからこそ「求人数」という客観的な指標が役に立ちます。求人数が多いということはあなたの希望に合った求人が見つかりやすくなるということです。

転職サイトを選ぶときは求人数の多さに着目しましょう。

大手企業が運営している転職サイトを選ぶ

薬剤師転職は大手企業が運営している転職サイトを選びましょう。理由は次の3つです。

  • 転職支援実績が豊富にある
  • 転職ノウハウが確立されている
  • 非公開求人を含め求人数が多い

大手企業は薬剤師の転職支援実績が豊富にあるため安心して利用することができます。

また確立されたノウハウにより質の高いサポートを受けることができるはずです。

運営企業の規模が大きい分保有している求人数も多いので、転職先の選択肢が広がることににつながります。

大手企業が運営している転職サイトを選べば失敗することはありません。

評判がいい転職サイトを選ぶ

薬剤師転職は評判や口コミがいい転職サイトを選びましょう。ネガティブな評判が多い転職サイトは危険です。

転職サイト利用者の多くが悪いイメージを抱いているということは、あなたも同じようにネガティブな印象を受ける可能性が高い。

転職サイトを利用する前に必ず評判や口コミはチェックしてください

ただし評判をすべて鵜吞みにすることは危険です。あくまで参考程度にとどめておきましょう。

薬剤師が転職サイトを使うメリット・デメリット

薬剤師の転職を成功させるには基本的に転職サイトを使うことをおすすめします。

ただし転職サイトを使うことでデメリットが生じてしまうことも事実です。

メリット・デメリットの両方を把握しておき、スムーズに転職活動を進めましょう。

薬剤師が転職サイトを利用するメリット

薬剤師が転職サイトを利用する主なメリットは次の5つ。

  • 転職の成功率が上がる
  • あなたの希望に合った求人が見つかる
  • 応募書類の添削や面接対策を受けることができる
  • 転職のプロが客観的にアドバイスしてくれる
  • 非公開求人に出会い転職先の選択肢が広がる

転職サイトを使うことで効率用く転職活動を進めることができます。

特にエージェント型の転職サイトの場合はさまざまなサポートを受けることができるので、薬剤師の転職成功に大きく近づくこと間違いありません。

薬剤師が転職サイトを利用するデメリット

薬剤師が転職サイトを利用する主なデメリットは次の2つ。

  • 転職活動に時間がかかる
  • 希望に合わない求人が紹介されることがある

エージェント型の転職サイトを利用する場合、キャリアアドバイザーと面談などを行うため時間がかかってしまいます。働きながら転職活動をしている場合は時間を捻出しなければなりません

また転職サイト側はビジネスとして行っているめ、企業側と報酬面などについて取り決めがあります。

あなたにマッチする求人ではなく内定が出やすい求人を紹介される場合もある。

上記のようなデメリットはあるものの、1人で転職活動を進めるより圧倒的に便利であることは間違いありません。

転職サイトを最大限活かすために必要な3つのこと

転職サイトを最大限活かすために必要なことを紹介します。3つのポイントを事前に抑えておくことでスムーズに転職活動を進めることができるはずです。

  • 転職時期を決める
  • 企業研究に時間をかける
  • 譲れない条件を決める

転職時期を決める

転職サイトを最大限活かすため転職時期を明確にしましょう。なんとなく転職活動を進めてしまうとメリハリがなく、いつまでたっても転職が決まらない状態が続いてしまいます。

一方で、早く転職したいからとはいえ情報収集に時間をかけないこともNG。

転職を急ぎ過ぎたせいでミスマッチが発生した失敗談があります。

「一刻も早く辞めたい」という気持ちで転職を考えたために、転職先の情報収集を怠って、条件に十分に納得しないままに転職先を決めてしまったのです。

その結果、自宅からのアクセスや給与面に不満を感じたまま、転職先の調剤薬局に勤めることになりました。

マイナビ薬剤師

転職活動にメリハリをつけ、納得がいく転職ができるよう転職時期は明確に決めましょう。

企業研究に時間をかける

転職サイトを最大限活かすため企業研究に時間をかけましょう

あなたが応募する企業の社風や職場環境など、事前に調べておくことで転職後のミスマッチを防ぐことができます。

待遇面だけで転職先を決めたことで、職場環境が合わない職場に転職してしまった失敗談があります。

以前の職場とは全く違う社風や職場の雰囲気に馴染めないままに1年が過ぎ、今では退職を考えています。

採用担当者の人柄や待遇の良さなど、プラス面だけを見て、転職先の職場環境をしっかりリサーチしなかったことを反省するばかりです。

マイナビ薬剤師

転職後にミスマッチが起こればせっかくの努力が無駄になってしまいます。

転職サイトを最大限活かすためにも企業研究は丁寧に行いましょう。

譲れない条件を決める

転職サイトを最大限活かすため譲れない条件を決めてください

待遇面や仕事内容、職場環境など転職先に求める優先順位を決めることがポイントです。

条件を絞らないことで転職後に働きづらさを感じている失敗談があります。

給与面や福利厚生などの待遇に魅力を感じて転職を決めましたが、もともとの勤務時間も長い上に転職時に考えていたよりも残業が多く、残業が3時間以上ある日も頻繁にありました。

マイナビ薬剤師

最低限どのような条件が整っていればストレスなく働くことができるのか考えましょう

あなたが転職するため「絶対に譲れない」条件を決めることが重要です。

薬剤師転職でよくある質問

薬剤師転職でよくある質問に対して回答します。あらかじめ疑問を解消し効率よく転職活動を進めましょう。

タップすると読みたい場所へスキップすることができます。

エージェントは途中から変えられる?

転職エージェントは途中から変えることができます。転職を成功させるにはあなたに合ったキャリアアドバイザーに出会うことが必要不可欠。

キャリアアドバイザーの質は転職エージェントごとに違うため運任せになる。

したがって「合わない」と感じたら途中からでも転職エージェントを変えることがおすすめです。

地方でも転職サイトは使えますか?

地方でも転職サイトを使うことができます。転職サイトを活用した方が1人で転職活動を行うより転職先の選択肢が広がることは間違いありません。

ただし、都会にくらべ地方の薬剤師求人数が少ない傾向にあることも事実。

限られた求人の中からあなたに合った転職先を見つけるために複数の転職サイトを併用することがポイントです。

転職サイト・エージェント・求人サイトの違いは?

転職サイトと求人サイトは同義で、掲載されている求人情報からあなたに合った企業を探します。自分のペースで転職活動を進められる点が特徴的です。

一方で転職エージェントは、あらゆる面で転職活動のサポートをしてくれるサービスです。

あなたの転職が成功するよう、キャリアアドバイザーがアドバイスしてくれることが転職サイトや求人サイトとの違いといえます。

新卒でも転職サイトは使った方が良い?

新卒でも転職サイトを使って転職活動を進めましょう。特に薬剤師の転職を成功させるには、薬剤師に特化した転職サイトを使うことがポイントです。

また、エージェント型の転職サイトを活用することで転職サポートを受けることができます。

初めての転職ならキャリアアドバイザーからアドバイスをもらった方がスムーズに転職活動が進むこと間違いありません。

転職サイトは1つだけ使えばいい?

転職サイトは1つだけでなく複数使いましょう。転職サイトによって掲載されている求人が異なります。

複数の転職サイトを併用することであなたの希望にマッチした転職先が見つかる可能性が高くなるのです。

転職先をどこにすれば良いか悩みます

転職先をどこにすれば良いか悩んだときは絶対に譲れない条件を決めましょう。外せない条件を決めることで転職の軸が定まります。

軸がブレてしまうと転職後にミスマッチが起こりがち。

あなたがストレスなく働くことができるよう「これだけは外せない」条件を決めてください。

コロナで薬剤師の転職事情はどうなる?

コロナの影響で薬剤師の転職市場が売り手市場から買い手市場に変わりつつあります。新しい生活様式の導入や企業の経営悪化に伴い、転職市場が変化しているのです。

薬キャリが行った調査によると、転職エージェントの認識では企業優位の市場となっています。

コロナ禍の転職市場について、紹介会社の62.5%が「企業優位」と回答。「どちらかと言えば企業優位」を合わせると、 87.5%の転職エージェントが企業優位傾向と回答しました。

薬キャリ

一方で薬剤師としては、薬剤師優位の認識が強く残っています。

4割強の転職エージェントが「薬剤師優位だと考えている薬剤師が多い」と回答しました。

転職難易度が低いと考えている薬剤師はまだまだ多いと言えそうです。

薬キャリ

転職エージェントと転職を希望する薬剤師の認識のズレは転職活動に影響を及ぼすことが考えられます。

コロナの影響で薬剤師の転職市場が買い手市場に変わりつつあることを理解しましょう。

薬剤師転職サイトまとめ

薬剤師の転職を成功させるには、「大手企業が運営している」「求人数が多い」という2つの観点から転職サイトを選ぶことがポイントです。

大手企業が運営する転職サイトは転職支援実績が豊富。多くの求人に出会うことであなたの転職先の選択肢が広がります。

サービス名 運営企業 公開求人数 特徴
マイナビ薬剤師 株式会社マイナビ 約63,000件 利用者満足度No.1
薬キャリ エムスリー株式会社 約20,000件 全体の80%以上の非公開求人保有
ファルマスタッフ 株式会社メディカルリソース 約62,000件 薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1
リクナビ薬剤師 株式会社 リクルートメディカルキャリア 約35,000件 薬剤師転職サイト認知度No.1
ファーマキャリア エニーキャリア株式会社 約44,000件 希望にマッチしやすいオーダーメイド求人
ヤクジョブ クラシス株式会社 約100,000件 業界最大級の求人数
アプロ・ドットコム 株式会社アプロ・ドットコム 約33,000件 派遣・単発求人多数
お仕事ラボ 株式会社AXIS 約23,000件 転職後の定着率が高い
※求人数は2021年5月時点

薬剤師が転職サイトを利用する主なメリットは次の5つ。

  • 転職の成功率が上がる
  • あなたの希望に合った求人が見つかる
  • 応募書類の添削や面接対策を受けることができる
  • 転職のプロが客観的にアドバイスしてくれる
  • 非公開求人に出会い転職先の選択肢が広がる

転職サイトの中でもエージェント型の転職サイトがおすすめです。

1人で転職活動を進める場合にくらべ、応募書類の添削や面接対策、企業とのやり取り代行などあらゆる面でサポートしてくれます

転職サイトの活用が薬剤師の転職成功に大きく近づくことは間違いありません。